【卒入学式ママネイルのポイント】これだけ知っておけばOK!失敗しないママネイルのポイントを徹底レクチャー!

3月も半ばを過ぎ、そろそろ卒入学式を意識したネイルにチェンジするママ達が増えてきました。式に着て行くスーツやアクセサリーを選んでいると「どんなネイルにしていこうかしら?」と、ウキウキした気分になる反面「周りのママ達はどんなネイルにするのかしら?」と、ちょっと不安に感じる方もいらっしゃるかと思います。特に卒入学式という大切な場面です。「ママを意識したネイル」と、いうのは、一体どんな注意点があるのでしょう?

ワンカラーにするなら「カラーの〇〇」を気にしてみよう!

シンプルで取り入れやすいワンカラーネイル。
「ワンカラーだし、上品なピンクやベージュを選べば大丈夫よね!」と思われている方も多いのではないでしょうか?
ここはもう一歩踏み込んで考えてみましょう。

実は、ワンカラーネイルでポイントとなるのが『カラーの重さ』です。
ポリッシュ(=マニキュア)やジェルカラーを選ぶ時に「カラーのトーン」を気にされる方は多いのですが、『カラーの重さ』を気にされる方って意外と少ないんです。

viaitnail.jp

ネイルに気を付けている方でも、「カラーの重さ」は意外と気にしないケースが多いです。この時期のマットカラーは、どんなに肌なじみが良いカラーを使っても「ペッタリとしたカラーの重さ」が出てしまいます。
その結果、手元からカラーが浮いてしまい「上品に仕上げたつもりが、ネイルカラーだけがひとり歩きしている印象に...」なんてことになりかねません。

ここは、透け感のあるカラーを取り入れてみましょう。
また、気に入ったカラーがマットカラーで「どうしても使いたい!!」という場合は、デザインを変えて「フレンチスタイル」などに使ってみましょう。

フレンチにするならベージュやピンク寄りのカラーで

パンツスーツなど、カッチリ目のスーツスタイルで卒入学式に出席するママにオススメなのが、スタイリッシュな印象のフレンチスタイルです。

フレンチに使うカラーといえばホワイトを思い浮かべる方も多いかと思いますが、ちょっと待ってください!
ホワイトのフレンチスタイルは「キャリア」なイメージが強いため、オフィスライクに見えてしまいます。
やはり「ママらしさ」は大切ですから、「ベージュやピンク寄りのマットカラー」をチョイスしてみてください。

viaitnail.jp

ヌーディーなマットカラーならばオフィスライクにならずにママらしい上品な指先に。さきほど「ワンカラー」のところでお伝えしたように、マットカラーは色自体にしっかりと重みがありますので柔らかなカラーでも存在感は抜群。

物足りなさを感じるようでしたら、「ゴールドやシルバーの細いラメライン」を引いてエレガントな雰囲気に仕上げましょう。

鉄板デザインのグラデーション

viaitnail.jp
指先に優しくカラーをのせたグラデーションスタイルは、卒入学式にはもってこいのデザインです。
また、グラデーションにするとカラーのバリエーションが一気に増えます。
それはグラデーションが持つ「ふんわり」「上品」と、いったイメージのおかげ。

viaitnail.jp

ふんわり上品。卒入学式にはもってこいのグラデーションアート。そんな優等生のグラデーションですが、ブルーやグリーンなどの「寒色系カラー」は避けるのが無難です。
春らしいパステルブルーやパステルグリーンだったとしても、寒色系カラーが与えるカジュアルな印象はぬぐえません。
どうしても寒色系カラーが気になるようでしたら、ストーンなどのポイントアートに使うにとどめておくのが吉です。

上品に仕上げればキラキラにしてもOKです!

暖かな日が多くなってくると、キラキラした華やかなネイルにしたくなりますよね。
そんな時は、「粒子の細かい上品カラーのグリッター」を使ってみましょう。

ただし、卒入学式が控えていますからフルグリッターのネイルはNGです。
ここはグラデーションにして、軽やかで上品な指先してみてくださいね。

viaitnail.jp

グリッターは「粒子の細かい上品カラー」&「グラデーション」を選んで品の良さをキープ。また、「グリッターをベースにしたアート」の場合は、ストーンではなく「シールやペイントなどのアート」にしてグリッターの光を抑えてあげましょう。

ストーンアートはグリッターと同様に光を集めます。
どうしてもストーンを使いたい場合は、パールにするなど「光を緩和するような素材」をチョイスしてみてください。

「控えめ」を意識して素敵なママネイルを!

いかがでしたか?
卒入学式のママの指先は、他のママ達もきちんとチェックしていることが多いパーツです。
ネイルの印象は意外と強いですから、あまり頑張りすぎないように気を付けましょう。

あくまでママは脇役。
主役ではありません。
少しだけ「控えめ」を意識して、お子様の卒入学式に花を添えるステキなママネイルにしてみてくださいね!

関連記事

提供元:    Itnail

ビューティ関連の記事