【100均ネイル】お役立ちアイテム『ブリオン』の使い方をチェック!

ネイルアートをする際になにかと役に立つブリオン。アート例を見ても、ブリオンが活用されているものが沢山ありますよね。ただ、いざセルフネイルをするとなったら、上手に使いこなせないという人も多いはず。そこで今回は、ネイルアートのお役立ちアイテム、ブリオンの上手な使い方についてご紹介します。

いろいろなアートに活用できるブリオン

viawww.hide-andseek.com

H&S1mm前後の球状になっている、ネイルアートツール「ブリオン」。

最近は次から次へと新しいアートツールが発売されていますが、このブリオンに関してはかなり前からありますよね。基本的には、ゴールドとシルバーの2カラーを使うことが多いようです。

ネイリストにとってはなくてはならないアイテムと言っても過言ではないブリオンですが、セルフネイラーさんの中には、「買ったはいいけれど、どう使えばいいのかわからない」という方も多いようです。

ブリオンを使いこなせるようになるとネイルデザインの幅がこれまでよりも広がりますので、この機会にブリオンを使ったアートにチャレンジしてみましょう!

viawww.hide-andseek.com

H&S

ネイルアートにおけるブリオンの活用法

viaitnail.jp
ブリオンは、それ単体でも、ストーンなど他のパーツと組み合わせて使うこともできます。

●1粒だけのせる
爪の根元やフレンチラインなどに、ブリオンを1粒のせてみましょう。ストーンやパールだと派手な印象を与えてしまうことがありますが、ブリオンだと程よい輝きで上品に仕上げることができます。

●ライン状に並べる
ブリオンは、ライン状に並べて使うこともできます。フレンチラインに並べたり、爪の根元部分のカーブに合わせて数粒並べたり、ブロッキングラインに合わせて並べたり、というようにいろいろなアートが楽しめます。
ブリオンでサークルを作ってその中にベースと違う色のジェルを流し込めば、カメオ風のパーツをつくることもできます。

●他のパーツと組み合わせて使う
ブリオンは、ストーンの周りを囲ったり、いくつかまとめておいたストーンの端にブリオンをおいてジュエリーのツメのように使ったりするのもおすすめです。

viawww.hide-andseek.com

H&S

いろいろな種類を使いこなしてみよう!

viaitnail.jp
かつてはゴールドとシルバー、その他のメタルカラーがメインだったブリオンですが、最近はカラーバリエーションがかなり豊富になってきています。

レッドやピンク、オレンジ、ブルー、ターコイズのブリオンや、パールカラーのブリオンなどいろいろな種類がありますので、エスニックネイルやビジューネイルといった華やかなデザインからOLさんでもチャレンジしやすいオフィスネイルまで、幅広く活用することができます。カラーブリオンはネットショップを利用すればリーズナブルに購入できますので、ぜひ使ってみてくださいね。

Itnail編集部

関連記事

提供元:    Itnail

ビューティ関連の記事