【初春ネイル】ニット柄やチェック柄を「季節外れに見せない」テクニック

暖かい日もあるけれど、まだまだ肌寒い日もあるこの時期。そんな時に恋しくなるのは、温かみのある“洋服の布地”のようなデザインや質感。ですが、季節は春に向かっています。季節の移ろいと逆行してしまうと、なんだか指先だけが浮いてしまって「ちょいダサ」な雰囲気に...。ポリッシュ(=マニキュア)で仕上げたネイルであれば簡単に落とすことができますが、ジェルネイルの場合はそうはいきませんし、できるだけ長くデザインネイルを楽しみたいですよね?この時期に布地のようなデザインを取り入れるには、どんなポイントがあるのでしょうか?

もうニットネイルは避けるべき?

まるで本物のニットのように仕上げる『ニットネイル』は、寒い時期の定番アートですよね?
このニットネイルは、ジェルで作るからこそのリアル感が楽しめるネイル。
筆者もひと月前であれば「まだ寒い日も多いですから、チャレンジしても良いのでは?」とお客様にお伝えしていました。
ただ、春の訪れが間近に感じられてきたこの頃。
気軽にニットネイルをオススメするにはそろそろ厳しい時期に入ってきています。

この時期にどうしてもニットネイルにチャレンジしたい場合は、「ホワイト系のカラー」や「パステル調のカラー」で、左右1本ずつまでにとどめておくのが良いです。
また、他の指は「柔らかなカラー」や「透け感のあるカラー」で仕上げて、春らしい明るさと軽さをプラスしましょう。

viaitnail.jp

明るいカラーのニットネイル
この時期にニットネイルをするのであれば片手1本に。
また、すべての指を明るいトーンでまとめることが重要です。

やっぱりチェック柄は捨てがたい!?

やはり布地柄の定番といえば「チェック柄」ですよね。
チェック柄にも色々な種類がありますが、『カラーのセレクトの仕方』を間違ってしまうと、季節が逆行してしまうことがあるので注意が必要です。

下の画像を見てください。
今回はタータンチェックで比較しますが、同じチェック柄のはずなのに「大人っぽいダークカラーで仕上げたネイルデザイン」と、「可愛らしいライトカラーで仕上げたネイルデザイン」とでは『まったく違った布地』に見えてきませんか?

viaitnail.jp

ダークカラーのチェック柄
チェック柄をダークカラーでアートすると、厚手の布地を思い起させます。

viaitnail.jp

ライトカラーのチェック柄
ライトカラーのチェック柄は、薄手で軽やかな布地を思い起こさせます。ダークカラーの方はウールや起毛素材などといった「厚手の布地」を、ライトカラーの方は綿などの「薄手の布地」を思い起こさせるのです。

この時期にチェック柄をデザインする時は、カラーの選択を間違えないようにするのがポイントですよ。

「少し季節がズレたかな?」そんな時は〇〇柄におまかせあれ!!

寒い時期を思い起こさせる「アニマル柄」や、反対に暖かい時期を思い起こさせる「天然石柄」や「レース柄」など、「もう少し前(or後)ならセーフだったのに!」というアートを取り入れたい方にオススメなのが『デニム柄』です。

デニム柄は。上手にMIXすると『季節感のプラスマイナス0』が狙えます。
つまりどんな季節でもしっくりさせることができる可能性が高くなるんです。

viaitnail.jp

レオパード柄×デニム柄
レオパード柄の重さを、デニム柄の爽やかさでカバーしてくれます。
暖かい季節にもピッタリのデザインです。「えっ?デニム柄を一緒にアートするだけで大丈夫なの?」と、不思議に思われる方も多いかと思います。

この組み合わせにすると、デニム柄の持つカジュアルさや爽やかさが、冬を感じさせるアートの重みを飛ばす効果を発揮してくれるんですね。

また、デニム自体の「布地の厚さ」というイメージから、少し先取りしてしまったアートの季節感を引き戻す効果があるんです。

viaitnail.jp

ローズクォーツ柄×デニム柄
4月半ば辺りから5月にアートされることが多いローズクォーツ柄。
デニム柄と合わせると「デニムの布地感」に助けられて、まだ肌寒いこの時期でも取り入れやすくなります。季節感に少し不安を覚えるアートをデザインしたい時には、是非「デニム柄」も一緒に取り入れてみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?

布地柄のネイルは、アートする時期によってイメージが大きく左右されるデザインだということがお分かり頂けたかと思います。

桜の咲く頃までは、肌寒い日もたくさんあります。
是非、みなさんも今回の記事を参考にしつつ「布地ネイル」を楽しんでみてくださいね!

関連記事

提供元:    Itnail

ビューティ関連の記事