どんなお爪にも似合う♡みんな大好きフレンチネイル

ショートネイルさんでも、ロングネイルさんでも、幅や色、深さを変えて表現できるフレンチネイルはネイルの基本デザインですよね。爪を美しく見せてくれる効果もあり、たくさんの人から愛されるフレンチネイル。爪の形に悩む人からちょっと違うフレンチを楽しみたい人まで、是非参考にしてみて下さい!

短くて小さい爪でも!バーチャルフレンチとは

viaes-nail.jp

esNAILバーチャルフレンチとは、自爪のピンクの部分を長く見せかけて作るフレンチの事です。
フレンチの幅は、広くし過ぎると爪が短く見え不格好です。しかし、爪が元々小さく短い人でも、このバーチャルフレンチであれば美しいフレンチを叶えられます。

スカルプチュアやジェルネイルで、ピンクの部分をまるで自爪のように作る方法で広まったのですが、もしセルフでされたい場合はマニキュアでも長さを足さないジェルでもそれらしく出来るのでご紹介しますね♡

▼手順
①: ベース塗布後、ピンクやベージュなど肌に馴染みしっかり発色する色を全体に塗ります。2度塗りしてフリーエッジ(爪先)をしっかり隠して下さい。
②: 爪の長さに合わせて、全体のバランスを見ながらフレンチの幅を決めます。裏から見て爪が見えないくらい短い人は、ラインのような細さがオススメです。
③: 綺麗に出来ない場合も、境目にラインやストーンを乗せればOKです。最後にトップを塗って完成です。

暖かい季節にオススメの赤フレンチ

viaes-nail.jp

esNAIL王道の白のフレンチも素敵ですが、この時期オススメなのが真っ赤なフレンチネイルです。TVを見ていても、赤フレンチをされているタレントさんがとっても多いんですよ♡

ワンカラーだと派手なイメージで敬遠しがちな赤も、フレンチだとオシャレに仕上がるから不思議です。
赤は手も綺麗に見せてくれる効果がありますし、ショートネイルさんにもとてもよく似合うので是非挑戦してみて下さい!
ストーンを乗せる場合は、赤ととても相性の良いオーロラがオススメですよ♡

ストーンを使ってキラキラフレンチに♡

viaitnail.jp
ストーンを敷き詰めたフレンチは、光が当たるとまるで小さなシャンデリアです♡何より誰でも簡単に出来るのでセルフネイラーさんにもオススメです。
白フレンチと組み合わせて、1本だけポイントで入れると派手になり過ぎず素敵ですよ♡

ストーンはやはりオーロラが◎です。ストーンは際まで置くとジェルコーティングの際にボテっとしたフォルムになるので、ポイントは端を少し空けておく事です。サイズを組み合わせて綺麗に乗せて下さいね♡

ストーンを乗せる前に、下地としてシルバーラメでフレンチして置くとより良いです。輝きにうっとりしますよ♡

Itnail編集部

関連記事

提供元:    Itnail

ビューティ関連の記事